last update: 2013/09/03

2006/05/21

ホントにもう更新するつもりなかったんですけどね。

関東遠征 その2 (有明編)

おいおいその1はどこだよって人は、Beside Baysideの5/20記事をどうぞ。

プロローグ

4月下旬のある日。いつものように他愛のない話をしていると、相方がおもむろに切り出して言った。

「実はさぁー、5月からEnPenrirに入ろうかなーとおもって。」

そういえばCoDがGarmへ移住してちょうど1年、私と相方は長らく攻城戦については固定といえるようなギルドには属していなかった。

「?!」「それってあのRJCに出ることになってるギルドだよね。」

「そうそう、ほらGarmにいったCoDのマスターがいまFenrirにきててそこに入ってるからさー」

な、なんだってー。うーん止めるべきなのか勧めるべきなのか、そもそもミッドガルドの地に行かなくなって久しいオレがどうこう言えることなのか? 色々な考えが私の頭をめぐったが、すべて杞憂かもしれない。だが、これは自分の目で確かめないとわからないだろう。そう思い立った私は意を決して言い放った。

「よし、どんなギルドなのか調べるために有明に現場検証にいかなくては!」

そう言うとすぐに、私は東京行きの航空券を2枚、予約したのであった…。

なんか4/1の更新で「ネタに走るのはやめてコンセプトを変えてがんばるぞ」とか書いたような気がしますが、いきなりネタに走って嘘八百プロローグからはじめてしまいました、お久しぶりです、acidlemonです。まぁ実際のところはちょうど5月は飛行機安いからRJC見にいこうぜーみたいな感じの理由をつけてまた二人で東京に遊びにいこうぜ! みたいなことを言えばきっと一緒に行くっていうだろうなーと思ったら、相方がたまたま5月からEnPenrirはいるんだよねー、よしいくかぁーみたいな感じです。

RJC本戦

RJC2006

さて朝9時半ぐらいに会場前についたってーのに既にもう500人ぐらいならんでてホントげんなりとか、ラグくじは先着300名には整理券配布で確実に買える(一人100個までなので、合計30000個あったみたいです)けど、そのあとは一般販売になるので長蛇の列でげんなりとか、結局ラグくじは一般販売になった時点で残り3000個=整理券の連中だけで消化率90%かよ! とかそういうのは置いておいて、RJC1回戦です。

今回FenrirからはPenril(前回準優勝)とEnPenrirがでてたんですが、Penrilは5人しかいなかったので1回戦のCafeteria(前回優勝)とEnPenrirがあたった時点でFenrir勢の決勝生き残りは結構厳しいなーと思ってたら、なんとCafeteriaはADS全盛のこのご時世にクリエイターなしのハイウィズありでした。

でも後から考えてみると、クルセWizセージプリバードモンクケミっていう定番7職での構成であれば、転生職2キャラのうちプロフェッサーは決まりだとしても、ゴスCを買ってADSを押さえ込めることを考えるとクリエのADSって本サーバーほど重要にはならないのかなーという気もしますね。残り1職はいろいろと考慮のしようがあって面白そうです。

ともあれ、結果はEnPenrirの負けでした。Cafeteriaのモンクの動きが鮮やかすぎてびっくりですよーもうほんと。でも実際の所ハイウィズのガンバンテインの穴あけがかなりでかかったんでしょうねー。結局対阿修羅を考えると「ゴスを着てると凍結しちゃう」「アンフロ着てると阿修羅で落ちちゃう」っていう感じ。それをゴス固定でうまくかわすためのランドプロテクター、というのが本筋のようですが、そこにガンバンテインで穴あけちゃうことによって相手のプロフェッサーはLP張り直し、相手のプリはリカバで忙しくさせる(というより相手のプリが頻繁に動かなきゃならない)ことによって自分のところのモンクを動きやすくする環境をつくるっていう連携がよくできてたなーと思います。

正直PvとかいかないしGvとかまともにやったことない子ですが、その差は歴然って感じでした。

というわけで、めっちゃ端折りますが、そのままCafeteriaがぶっちぎりで優勝してRJCはおわりましたー。おつかれさまでした。まぁ机上の空論であれはどうすればよかったんじゃないかなーみたいなことをいろいろ思ったりもしたんですが、別に当事者でもないし、結局のところそいうのは実戦してみないと無理無理って感じなので、そう言う意味でCafeteriaが「前のRJC2005の優勝から9ヶ月、常に練習してきた」といっていたのは伊達じゃないと思いますよ、ホント。

ただ、結果を見るとCafeteriaのぶっちぎりとはいえ、決勝進出ギルドはみんな個々のプレイヤーとしてはすごくうまかったですよー。やっぱ連携の差ですよね。終わってみると7-0とか6-0みたいな感じの圧倒的な連携差による試合決着が多かったので、拮抗した展開がなかった分その辺の熱さはものたりなかったかなーとも思います。

40人で飲み会

で、RJCの後PenrilとEnPenrirの合同飲み会みたいなのにおまけで参加してきました。っていうかスター忘年会のときよりもオンラインで面識ある人が少なかったのでオレもうどうしようかみたいな感じでしたが、まぁなんとかかんとか(去年の忘年会と相方と立場逆転みたいな)。

まぁ飲み会の模様は初対面多すぎということもあり面倒なので端折りますが(というか2日目鎌倉編を書くのにすげー疲れたみたいな感じ)、とりあえずRJC参加/観戦したみなさんお疲れ様でしたー。

というわけで、関東遠征ということで特別に復活したacidlemon presents.でしたが、関東遠征の話はまだまだつづきますー。4日目の横浜編はBeside Baysideの5/22記事になっています。

comments powered by Disqus