last update: 2013/09/03

2006/11/28

しらなかった

なんとiTunesはWindows Live Messengerの曲名表示に対応している。

し、しらんかった…。iPod nanoのためにiTunesに乗り換えたらめっきりWinamp使わなくなったので(WinampはPeercast専用になりつつある)、メッセの曲名表示もできねぇなぁと思ったんですが、なんと普通に対応していたらしい…。

なんか噂によると、Windows Live Messengerの設定→全般にある「Messengerの起動時にメインウィンドウを開く」にチェックが入ってないとうまく動かないこともあるらしいとかなんとか。たしかにオレそこのチェックはずしてたよ…。

まぁだからどうしたというわけでもないんだけどねー。家にいるときは基本的に音楽聞いてるから、特段わざわざメッセのタイトルに曲名をいれてなんかをアピールする必要もねーじゃねぇかって気がしないでもないけど、まぁ気が向いたときにちょっと使ってみると面白い…かどうかは謎か。

結局コミュニケーションツールの一機能なので、メッセにたくさん人が登録されていようがオンラインの人間がたくさんいようが、話しかけてくれる相手がいなかったらただのリソースの無駄に終わっちゃってる感じです。というか、最近ほとんどめぼしい用途にメッセ使ってない。

車のバッテリがお亡くなり

昼過ぎにおきてぽわぽわしてから学校にいこうと車のエンジンをかけると…。

くるま「きゅるきゅるきゅる…うう…ん…。」

えっええええっぇえエっンジっンかからない?! …ということで、車が動かなくなりました。まぁ十数日前からたしかにエンジンの掛かりが悪かったので「あぁ、そろそろ冬だなぁ」とか思ってたんですが、そういうわけではなかったらしい。

とりあえずバッテリーが上がったってわけではないので、これは交換だよなぁとおもいつつすぐそこのガソリンスタンドにいって「すいませーん、エンジンかからないのでみてもらえますかー」ってことでスタンドの人を連れてきてみてもらったら、「10万kmぐらいまできてますし、バッテリ交換ですねー」とのこと。予想通り。

そんなわけで、あとはスタンドの方にお任せしてバッテリ交換完了。11000円なり。予想外の出費にボクの財布もメロメロです…。ともあれ、バッテリ交換した車はすこぶる快調で、いままで「おいおいこんなに踏まないとダメかよ」って感じだったのが「Oh! 加速モ減速モ快速(?)デース」って感じになったので、交換してよかったよかった。

ちなみに、お盆に父親からこの車もらったときからなんかエンジン警告灯がつくとかいうトラブルを抱えてたんですが、バッテリ交換したらそれも直ったみたいですよかったよかった。エンジン警告灯がつくタイミングが信号待ちとかのアイドリング時だったので、きっとアイドリングしてるとへたれてたバッテリの出力が落ちてきてそれでエンジン警告がでてたんだろうなーと予想。それにしてもなんでバッテリ警告灯じゃなかったんだ?

これでこの車もしばらく安心して乗れそうです。いやーよかったよかった。ちょうど今週末車で札幌に行く予定だったので、その前でホントによかったです。

comments powered by Disqus