last update: 2013/09/03

2006/09/03

Your Disco Needs You

前回記事の補足になりますが、AmazonではじまったWindows Vistaの予約の値段では、Ultimateのアップグレード版は$259(約3万円弱か)だそうで、まぁそのぐらいなら何とかなるか…。

さて学生のうちにDVDをみまくろうと思い立ち、昨日さっそくERの第1シーズンの1巻から借りてきて2,3ヶ月かけてERを全部見よう(アメリカでは今秋からシーズン13、日本だと今秋からBS-Hiでシーズン9、BS2ではシーズン11が先週終わったところですね)ということでレンタル屋に借りに行ったんですが、あーあ見事に貸し出し中…。

そのままご機嫌斜めでおうちに帰ってきてゴロゴロしてたんですが、今日友人にさそわれてまたそのレンタル屋にいって中古CDを眺めてたらあらあらKylie MinogueのLight Yearsがあるじゃないですか。欲しかったんです、先週ぐらいから。

ってことで買ってきて聞いてるんですが、今までよく聞いてたFeverの前のアルバムってことでもう6年前のCDですか。いやー全然古くないです。なんつーかKylie Minogue色全開(どんな色だよ)って感じのダンスポップばっかりなのでとにかくノリノリです。

Feverはどちらかっつーと夜のドライブ向けの曲が多かったんですが(More More MoreとかIn Your Eyesとか)、こっちのLight Yearsは昼間のドライブ向け(Spinning AroundとかUnder The Influence Of Loveとか)ですねー。基準とか聞いちゃダメです、そんな感じなんです。

そこらへんの違いについて強いて言えばたぶんドラムとかのリズムパーカッションの音の明るさで判断してるんですが、ズンズンいうのは昼間むけでドンドンいうのは夜向けなんだよーとか言ってもどうせ通じないと思うのでまぁそんなもんだと思ってもらえれば。

あと、今日のタイトルになってるYour Disco Needs Youについてですが、輸入盤じゃなくて日本語版を買ってきたおかげで日本語版ボーナストラックとしてこれのJapanese Versionが入ってて、なんと曲中のセリフをKylieがつたない日本語でしゃべるというものでした。「あなたは決してひとりじゃない。何をすべきか知っているはず。彼らを裏切らないで。ディスコはあなたを待っている!」すげーなごんだ。

そんな感じで音楽聞いてぽわぽわしてるうちに週末が終わってました。理想的な週末の過ごし方だな、これは。

comments powered by Disqus