last update: 2013/09/03

2006/06/01

迫り来る恐怖

あまりにも部屋がうまく使えてないのでちょっくら模様替えをしました。

といっても、部屋が散らかってるのでまずは部屋の掃除からしなければならず…って、部屋が散らかってるというのは、その7割ぐらいは部屋に「服が」散らかってると言い換えることができるので、洗濯機を2回回したらあっさり片付いたんですが。

しかーし先週末あたりからぐずついた天気が続いてるせいで、非常に蒸し暑いんですよねー。その上洗濯しちゃうともう不快指数あがりまくり! みたいな感じです。幸いまだ5月だったので外はそんなに暑くないので窓をあければ一応ひんやりした空気は流れ込んできますが、それにしたって空気が湿ってるしなぁーみたいな感じです。

大体5月末から7月頭ぐらいまでこんな天気がつづくので、この時期だけは帯広に帰りたいわーみたいな気分ですね。あっちは雲が日高山脈を越えるときに大体振り落とされるので(なにそれ)、雨降るときはざーっとずっと降るかカラっと晴れるかという話なので、室蘭みたいにずーっとどんよりみたいなことにならないのがいい感じ。

さて話をもどしてー、よく考えたらあと1年弱で引っ越しなのにどうみても部屋のモノの量がおおすぎなんです。なのでいろいろ捨てたいところなんですが、どれから捨てればいいのやら。生活に不必要なモノをすてるとかだとほとんど全部捨てることになるので(だめすぎ)、ある程度は残したい感じですが、さてどうやって優先順位をつけたらいいのやら…。

とりあえず、大学の学部時代の教科書ってみんなどうするんですかねー。基本貧乏性なので捨てられないなーみたいな感じですが、正直読むとも思えない本ばっかりだしなぁ…。とりあえず変な収拾癖とかがないのでそういう方面でモノがあふれる心配はないんですが、モノ捨てる勇気がない部分でモノがあふれるのはなんか一生直面する問題かも知れないなーなんてことを思いながら掃除してました。

結局、掃除しただけで特にモノを捨てなかった…。

comments powered by Disqus