last update: 2013/09/03

2006/05/09

未来日記

kawazoelという名前の語源は、スキタイ語のkaw azo el(誤解を受けた間の悪い男)から来ています。うそですけど。そもそも紀元前に使われてた言語の意味をオレが知ってるわけないじゃん

さてそれはおいておいて、20世紀末に日本では未来日記というのが流行したことがありました。ご存じの方も多いかと思いますが、あの元祖出会い系(ではない)シミュレーション型人間ドラマ(なのか?)です、そうそうそれそれ。

今更になってアレについて考えてみると、既に用意された脚本に基づいて、特定の場面での特定の行動だけを縛ったある意味自由なドラマを演じることができるというのが、バブルがはじけて閉塞感漂ってた日本人のハートをキャッチしたんですかねー。やっぱ平凡な人生よりちょっと刺激のあるドラマを演じてたほうが面白いっていうのがみんなが心のどこかにもってるフロンティア、なんでしょうか。

うんまぁ、確かにオレも細くながーく生きるよりは太くドラマに生きた方がよさそうな気はします。ていうか細く生きるより太く生きた方が長く生きれるような気がしないでもない。

ということでオレも未来日記を書いてみることにしました。

2006年5月9日

明日は就職試験があるので、前日札幌入りしなくてはならない。ということで研究室にちょっと寄ってから昼下がりに特急で札幌に来た。また車内で寝ちゃって寝ぐせがついたよ。

そろそろ桜が咲き始めてるのかなーなんて思ったが、わりとそんな感じでもなく、普通の札幌。まぁ試験のために来てるのにサクラチルとかそんな感じになってるよりはいいかー。

とりあえずホテルにチェックインして夕飯を食べにでかけることにした。といっても一人だからなぁ…。まぁラーメンでいいかぁ。ホテルが大通り公園沿いなので、夜の大通公園をふらふらしてたらなんか寂しくなってきたのでコンビニで酒とつまみを買ってホテルに帰還。

ホテルでテレビみながら酒飲んですぐ寝ようと思ったんだけどなんかびみょーに寝れなくて(そもそもオレは枕がかわると寝れないんだよー)、かといってパソコンも持って来てないので携帯でメール打ったり電話してみたりしてみるテスト。ここで衝撃の展開! とかどうですか?

さすがに日付がかわるとそろそろ寝ないとって気になってきたので無理矢理寝た。

2006年5月10日

朝6時半ぐらいに起きれば余裕なのに朝4時半に目が覚めた。いつもだったらこれから寝るところですよ…。

とりあえずホテルの朝食がはじまるまでまだしばらく時間があるので二度寝してたらおいおいもう朝7時だよーみたいな感じでちょっとビビった。二度寝はどこでもよく寝れるんだよな。

ってことで朝飯食って背広きて某社へGo。札幌駅前なので、地下鉄でぶーんといけばいいだけなんだけど、さすが平日朝、札幌の地下鉄がこんなに混んでるのを見るのは5年ぐらい前に北大受験に遅刻しそうになって以来ですよ。まぁあの経験が生きてて今回はちゃんと早く出たけどな! (っていうかそもそも北大のキャンパスが広すぎなんだよあれは)

というわけで、9時から筆記ー。内容もむずいけど、それ以上にひたすら記述でガリガリ書いていくのが手が疲れまくりです。普段こんなにモノ書いたりしないからなぁ…。

午後1時から面接ー。ありきたりなことしか聞かれてないんだけど、これは大丈夫なのかー? とかおもってたらここで衝撃の展開! とかは勘弁してほしいなぁ…。

そんなわけで午後2時前にもう既に暇人になってしまったので、適当に買い物して帰ることにした。とりあえずヨドバシ行っても特に欲しいモノもないし、ロフトに行ってももう最近欲しいようなモノはないしってことで、本屋をまわってみるものの、本もあんまり欲しいものないんだよなー。じゃあオレは一体何が欲しいんだよ。

というわけで夕方自分用に札幌タイムズスクエアを買って帰ってきた。あーつかれたー。

…って、未来日記は他人が書いた脚本を未来日記という形で本人が演じるから面白いのであって、自分で書いた未来日記はただの今日と明日の予定にしかならねーんじゃね? ということに書いてから気がついた。とりあえず今日と明日の予定をおさらいしたのでもうねよう。

メンテメンテ

家のcolinuxで動かしてるPukiWikiがやけにレスポンス悪いので、札幌に向かう前にちょっと色々調べてみることに。

といっても、他のところで負荷がかかったときのレスポンスがわるいという話なので、そこはどうしようもない(ネイティブプロセスで動いてるわけじゃないからなー)のですが、ふと気になってps aux。

とりあえず犯人はcolinuxで一緒に動いてるIRCにnewsながしてるBOTがやたらメモリを食ってたという話でした。とりあえずcolinuxのメモリを128Mしかわりあててないのにあいつ一人で実メモリの半分以上を食っててApacheのメモリが軒並みスワップに追い出されてたとかいうそんなオチ。

仕方ないので一旦止めてクロール間隔とかキャッシュ保存期間とかを大幅に緩くしてみたけど、うーんどうだろう。とりあえずキャッシュは1年分とっておけばいいかーとか思ってそのぐらいに設定しておいたんですが、今見たらキャッシュが31Mって、perlで31Mの文字列ファイルからチェックとかしてたらそりゃCPU負荷もひどいだろうよ。ということでこれを2ヶ月にして様子をみてみることに。単純計算だと1/6になるから5Mちょい。うーんまぁしかたない範囲かなー。

と、思いつつも、事の本質はニュースチェックとRSSチェックを1このインスタンスでやってるのが原因なので(性質の異なるサイトのキャッシュが共用になっちゃってて非常に効率が悪い)、根本的にはそこを改善しなきゃって感じでしょうか。

というか、(いまさら)ソース読んだら各チェックは普通に外部スクリプト起動って感じになってるので、実はperlの起動コストがめちゃめちゃすごいことになってる予感?(今までだと40秒に1回ペースでperlで外部スクリプトが起動してた) これなら形だけでもHTTP呼ぶようにしてmod_perl使わせたりして起動コストを抑えた方がほうがまだいいんじゃないかっていう気がしてきました。いやまぁオレperl書けないからそんなことできないんだけどな! というかそれやったらApacheの負荷が増えて最初のPukiWikiの負荷がーってところに影響がでるじゃないか。

comments powered by Disqus