last update: 2013/09/03

2006/04/18

地方大学の就職事情

今日の話は東京からは遙か離れた北海道、しかもその北海道の片田舎というどうしようもないところに立地している、でも一応国立大学なんだなーみたいな大学の就職事情のお話。貴重だよ、これ(しかし都会の人にはなんら役に立ちませんし、きっとこんな仕組みなのはうちの大学でうちの学科ぐらいじゃねーのって気がしないでもない、でも知らない)。

さて、うちの大学は地方にあるので、自由応募で東京とかの就職説明会とかに自腹切って通ってたらマジ破産するっすよー(東京北海道往復+関東交通費+宿泊代とかで1回5万ぐらいかかって、1社うけるだけで試験やら面接やらで3往復は必要になるのが相場なので、15万円とかかかります)とかなので、大学推薦が基本です。

その大学推薦はどんな仕組みやねんって話なんですが、まず基本的に大学に求人が来て、はい○○社受けたい人あつまれーみたいな張り紙がずらーっと出され、集まったメンツと希望順をみてよーし校内で選考しちゃうぞー(まぁそんなにしないっぽいけど)みたいな感じでどんどこどんどこ割り振っていくわけです。

で、どういうわけか、大学推薦をもらうって言うのはそれなりに特別待遇なわけです。大学推薦で内定をもらうと言うことはどういうことかというとー

  1. 大学推薦を受けた上で内定をもらった場合はそれを蹴ることができない→内定を出せば確実に入社が見込めるという企業側のメリット
  2. 大学推薦を出すことによって自由応募よりも「お付き合い」色が強いので選考が多少甘め→学生側のメリット

とまぁこんな感じらしいです。とにかく、自由応募で数十社もエントリーシート書いてー、十数社ぐらいは書類選考が通ってー、最終的に数社から内定がでてー、さーてどれから選ぼうかなーみたいな首都圏文系スタイル(今勝手に名付けた)とはちがうんです、根本的に。

首都圏文系スタイルだと内定が何本も取れるような優秀な学生は、当然どれか1本に選ばないとならんので、企業側から見ればホントに入社が確約されるまでは内定をだしても油断できないので、それなりに内定を出すことに対してリスクが大きいんですね。その点、うちの学科の大学推薦ではそもそも表向きに「本人が第一希望じゃないと大学推薦しません」というスタイルを貫いてるので、それに対して企業が内定をだせば、そのままそれは入社が確約されたも同然。内定蹴られるリスクがゼロなんです。まぁそれでも大学推薦もらっておきながら内定蹴る人もいたりしますが、それは例外中の例外っていうか、そもそも大学と企業の信頼関係に基づいて就職斡旋してるんだからそういう非常識なことはしないでくれよ(by 就職担当教官)、と。そう固く約束させられるわけです。

ま、そんなわけで、我々学生からすると大学推薦もらえるととりあえず内定出せば確約はとれるから、ということでちょっと選考甘めになる面があって、そういう意味で便利な仕組みです。これを企業側からみると、それはそれで入社確約してくれる人に対しては人事の経費としてそれなりにお金を支出しやすい面もあるようで、内定出して入社確約が取れるなら、北海道から東京に面接を受けにくる往復交通費、企業側で持ちましょうみたいな太っ腹企業さんが多くを占めてくるわけです。

というわけで、そこらへんのもたれ合いによってできてるんですねー。ちなみに今の担当教官は非常に敏腕で、「学生のことを一心に考えてるんで、学生に経費を負担させない企業をオススメしますよー」みたいなことを言ってたりします。それはどーいうからくりかというと…

まぁあくまでも私の想像ですが、就職担当としては「うちは大学推薦をだす条件として入社確約を学生にさせてるんだ、そのぐらいの覚悟で受けてるんだから学生の移動経費ぐらい出すのが筋じゃないか(暗にそれができないなら訪問150社郵送200社ぐらい求人きてるんだし優秀な学生を他に回したっていいんだぞ的な意味合いも含んでるんじゃないかなー)」みたいな感じで企業側に掛け合うわけです。

その一方、学生に対しては「長年企業と大学の間で培ってきた間柄があるんだからそれをぶちこわしにするようなやつに大学推薦はださん、自由応募で勝手にやれ」みたいな感じでやってるので、「入社の確約できる学生が欲しい企業」と「内定の欲しい学生」という就職担当に頭の上がらない両者をうまくさばいて企業と学生をマッチングさせていく、そんな敏腕っぷりがすげーなーっといわれるゆえんなんですね。

とにかくそういう独特の仕組みができあがってきてるんで関東のよくわからんソフトハウスに自由応募とかはまーよっぽどな事がない限り難しい環境。んでも一応「求人きてないけど○○が受けたいんですっ」とか主張すれば就職担当がそこに連絡を取って「うちの学生ですっごくそちらを受けたいというのが一人いて内定がでればそのまま確約という形になるんだけど、大学推薦という形でよきにはからってもらえませんかねー」みたいな感じで打診して、無理っぽそうなら就職担当から「いやー打診してみたけど大学推薦とかは無理っぽいから自由応募になるんだけど、自由応募でやってる間は大学推薦出せないから(二股は禁止)、最後まで自由応募で行くつもりがない(そこ落ちたら大学推薦にまわる)とかなら最初から大学推薦もらえるところを行った方がいいんじゃないのー」みたいなことをやんわりと言われる、らしいです(コネで内定取れるのが確定していれば別ですが)。

とまぁそんな不思議な環境ですが、仕組みがわかればうまく利用するだけって感じなんでぼちぼちとやっていこうかなーと思ってます。ていうかあんま就職活動とかに無駄な時間とエネルギーを割きたくないし。

ま、そんなわけで昨日はその「○○社受けたい人あつまれー」の集中日だったんですが、眠いなーとおもいつつ呼び出しに従って行ってきたんですが見事に同じ研究室の友人とかぶってました。いやー、その友人とは事前にどこを受けるのーとかそんな話を全くしてなかったんで、まさか同じ研究室の友人と攻めかぶり(っていうな)になると思ってませんでしたー。残念ながら就職活動はゲームじゃないので「攻めかぶりになったから急遽攻め先変更するよー」とかできないのがつらいところです。一発で決まって欲しいもんです。

comments powered by Disqus