last update: 2013/09/03

2006/04/01

I Love Flash

エイプリルフールは嘘みたいな本音を堂々と語るのにいい日ですね。1年に1回しかないけど。

さて、最近というか、今年入ってからなんかもうプログラムばっか書いててプログラム書きすぎノイローゼ(なんだそれ)みたいな感じになりそうだったので、もうソフトウェア設計とか正直やりたくないし仕様とかも考えたくない! とかおもって左脳じゃなくて右脳を使うモノ作りをしようと思い立ったんです。

右脳をつかうモノ作りといえばー?

絵をかいたりとか! 音楽つくったりとか! 動画つくったりとか! 飛んだり跳ねたり踊ったりとか!(それは右脳なのか?) イナバウアーしたりとか! まぁいろいろ思いつきますよね(このくらいしか思いつかないのが右脳が使われてない証拠です)。

ってことで、絵を描くのは無理とか音楽つくったりするのは無理とか動画つくったりするのは無理とか言ってたら結局なにもしなさそうなので、手っ取り早くFlashに手を出してみました。体験版なら30日無償でつかえるしね。

で、実家でFlashをインストールしてノートPCでGUIでぽいぽいと配置していろいろ動かしてあそんでたんですが、なんか物足りない。こう、オブジェの動きをもっと細かく制御できればいいのに。一様にうごくんじゃなくてもっと加速度とかサイン波とかを考慮した速度やカーブで動かしたいんだよなぁ。まぁGUIで指定できるのかも知れないけど、正直これはよくわからない。そもそもFlashのムービーの概念がよくわかんないこれ。

ってことですぐ投げ出したんですが、一昨日あたりに研究室でふとインストールして、とりあえずこれはサンプルを見るべきなんじゃないかと思ってActionScriptのAnimationのサンプルを見たんです。豆腐シューティングゲーム。

見てみてびっくり。何とタイムラインが1フレームしかなくて、アクションスクリプトで全部動きを制御してました。なるほど! こうやるのか! ライブラリにつけたムービークリップの名前がActionScriptのオブジェクト名になってて、そいつがMovieClipクラスのインスタンスになってて、そいつのイベントハンドラをがんがん指定していけばいいわけね。なーるほど。

とまぁそんな感じで久々に夢中でActionScriptでコーディングしてるオレがいたわけです。XMLConnectorとかいうXMLRPCできそうなコンポーネントを使って鯖にXMLをおくって帰ってきたXMLをそのまま表示みたいなこともできそうなので、Cでlibxml2を使ってCGI書いて、そいつとのリアルタイム通信とかもちょっといろいろやってみたり。

うおーFlash面白いんじゃないのこれ。やっぱ左脳を使うモノ作りより右脳を使うモノ作りのほうが自分の感覚を生かすことができておもしろいよなーとか思ってしまいそうだったんですが、よく考えたらActionScriptでガリガリコーディングするとか、どうみても右脳使ってません。まぁしかたないよね。

まぁそんなわけで

  • GUIとかでぽいぽいオブジェクト(ムービークリップ)を配置してFlashを作る人→デザイナー肌(右脳で仕事する人)
  • ActionScriptをガリガリかいてFlashを作る人→プログラマー肌(左脳で仕事する人)

こういう理解であってるのかな? 正直右脳とか左脳とかはどうでもよくて、現在の自分がメインとしてるモノ作りのプラットフォーム(要するにC/C++)に飽きてきてただけだった、ということがよくわかったです。Flash 8 Pro製品版買うかなーあ、どうしよう。

comments powered by Disqus