last update: 2013/09/03

2005/11/05

実家です

そんなわけで、昨日夕方にごたごたしながら何とか実家に帰ってきました。

いつも最近帰省に使ってる列車は14時すぎに東室蘭を出て南千歳で1時間ぐらいぼーっと列車待ちをして18時過ぎに帯広に着くっていう4時間コースの帰省日程なんですが、金曜昼1授業あるので今回はそれ使えないってことで、17時前の列車で帰省することに。

いやー17時前のやつで帰省したのってすごく久々だったんですが、これすごいなー。南千歳での列車待ちが10分程度なのでその時点であぁ待たなくていいってすばらしいって感じですが、さらに南千歳から帯広までのスーパーおおぞらがやりすぎです。普通のスーパーおおぞらは追分とか新夕張とか占冠とかトマムとかにとまるんですが(トマム以外は飛ばされることも多いです)、なんとこの18時過ぎのスーパーおおぞらに限ってはトマムも止まらず駆け抜けるので、南千歳の次の駅が新得で、その次の駅が帯広です。南千歳から1時間45分で2駅にしか止まらないのかよっ!

ってことで、かならず3時間以上かかる帰省がこの列車の組み合わせで行くと3時間切る時間で東室蘭から帯広までいけるんですねぇ。こりゃすげーけど、結構こみこみなので指定席必須(そういえば昔は指定席取ってなかったからこの便を使うのをやめたんだった)。

で、今回の帰省で読むつもりだった本はというと、図書館で借りてきたExceptional C++だったんんですけど、この本難しいわぁ…。全然読みすすめらんないまま帯広に着いてました。でも例外安全と例外中立とかはライブラリ設計とかには必要な要素なのでその辺知っておいて損はないねーって感じですか。まぁそもそも例外のトレースに関しては関数設計レベルからの緻密な計画が必要だということを痛く知らされた時点で既にもう目からうろこっていうか、心当たりがいろいろとあったりします…。

とりあえずホントは日曜の法事が終わったらそのまま戻りたかったんですが、なんか時間的にいろいろ無理っぽいので月曜朝帰ることになりました。月曜夕方からいきなり発表とか、火曜はXlibプログラミングやってレポート書くとか、水曜はBフレッツの切り替え工事がくるとか(掃除しないと)、なんか微妙に毎日やることが詰まってるじゃないかー。

シャープペンを買いにいった

昔っからボディが金属製のシャープを使ってたせいで、もうそれ以外あんまり使う気にならないんですが、最近は普通の500円くらいの高級シャープをつかってたわけです。

んで、その金属製シャープにも無駄にこだわりがあって、グリップはゴムっていうかラバーじゃないとだめなんです。で、そんなわけで昔はゼブラのメタルギアっていうのを使ってたんですが、いつのまにかこれ生産中止になってて、あーこまったこまった。

ってことで妥協して普通のシャープ使ってたんだけど、実家の帯広のほうにある文具店(その筋の人なら受川っていえばきっと通じるよね?)ならきっとオレのニーズに合うのがあるはずってことで前々から行こうと思ってたのをやっと今日行ってきたんです。

まぁ結論から言うとボディがメタルでグリップがラバーなシャープはなかったんですけど、そもそもボディがメタルって時点で製図用シャープぐらいしか該当するのがなくて、グリップにラバーっていうかゴムみたいなのがプチプチと埋め込まれたグラフギアっていうのを買ってきました。これなら大学生協にもあったような気もするけど、まぁ受川にさえないとなれば納得して買っちゃおうかみたいなノリです。

とりあえず試し書きできなかったのでわりと冒険な買い物でしたが、家に帰ってきて書いてみると…んー? みたいな感じです。中のデフォルトの芯がHBなので、とりあえずいつも使ってる2Bにしてみないことにはちょっと評価のしようがないなぁー。まぁグリップはそんなに気にならないし、重さもわりとちょうどよくて重心も安定してるっぽい。まぁ長時間筆記してみないとわかんないけど、そもそも最近じゃ長時間筆記することもないからなぁ…。

comments powered by Disqus