last update: 2013/09/03

2005/08/08

前の更新からまだ2時間ぐらいしか経ってなかったりする。

はい/いいえ

なんか最近はぐだぐだした内容しか書いてないので、たまには鋭くはないけど目の付け所がひと味おかしいいつものテクニカル駄文をお届けします。

さて、皆さん検索エンジンなに使ってます? まぁほとんどの人はGoogleかと思いますが、なぜにGoogleがこんなに利用されているかといえばクロール件数とか、PageRankとかの技術によってかなりいい精度で検索できることが挙げられるかと思います。

普通検索エンジンというと、「その語句を含むページ」を探すのが基本と思われていますが、Googleはそれだけでなく、ページに含まれるリンク語句を解析して、どういう語句でどのサイトにリンクを張っているかというのも見てるみたいだというのは有名な話。

要は、なんかの略称でどこかへリンクを張った場合でも、そのリンク先では略称(別名)を全くつかわない正式名のみで構成されたページになっていてもその略称で多くのサイトからリンクを張られた場合はその略称で検索した場合でもそのサイトが検索の上位にでてくるようになるわけですね。

たとえば、文科省で検索したときとかがそうです。文部科学省のトップページには「文科省」という略称は1カ所も出てきませんが、たしかに文科省でGoogle検索するとトップに文部科学省のサイトがでてきます。これはひとえにそういうわけなんですね。まぁ、文科省ぐらいメジャーな語句ならYahooでもちゃんと文部科学省カテゴリにヒットしますけど。

ところで、インターネットっていうのは広くて深くてまぁよくわからん世界が広がってますが、なんか普通にWebサイトのリンクをたどってうろうろしてると時たま「この先にはアダルトなコンテンツが含まれます。18歳以上ですか?」みたいなのがでてきて、はい/いいえとかがリンクになっててはいを選ぶとその先へ、いいえを選ぶとどっかに飛ばされるなんていうのはみんな見たことがあるんじゃないかと思います。

で、この「いいえ」で飛んで行く先って大体みんなGoogleとかYahooなんですよね、なんででしょう。サイトの一部がアダルトコンテンツとかになってるなら、いいえをえらべば1こ前のページに戻るようにするとか、そういうリンクにすればいいのになぜかいいえを選ぶといきなり全然関係のないポータルサイトに吹っ飛ばされるリンクばっかりです。

…さて話が読めました?

というわけで、実際にそこんとこどうなのっていうことで、Googleでいいえを検索してみましょう。…ホントに「いいえ」でYahoo! JAPANが1番上にきましたね(2005/08/08現在)。すげーなー、こうしてまた一つトリビアがここに誕生しましたね。

「はい/いいえ」と聞かれたときに「いいえ」を選んでもっともよく飛ばされるサイトはYahoo! JAPANである。

さぁ、へぇ〜と思った方はコメント欄で何へぇか評価してみてください(なにそれ)。

comments powered by Disqus