last update: 2013/09/03

2004/12/01

ふってわいた東京

今年も残すところ後1ヶ月ですね。既にもう12月分の出費で頭が痛いです。

集中講義終わって研究室のミーティングをうまく切り上げて居眠りしてたらすっかり奨学金返還の書類出しに行くの忘れてました。っていうか締め切り11/30って…。まぁ明日の午前中にも出してこよう。

で、集中講義で例によってぐったりしたあと午後からミーティングでお茶飲みながら傍観してたらなんか来年3月ぐらいのインタラクション2005の話になり、今年はうちの研究室からは何を出そうかとかいう話になってまぁとりあえず最近の研究の柱の2本をだそうという話を教官と院生のみなさんがしてたわけですが、まぁどうせその辺は学部生には関係ないしー、っていうか2月末とか卒論でぴゅーぴゅーいってる頃なのでそっちのほうで手一杯になるだろうしね。

ってことで関係ないとおもってお茶飲みながらうとうとしつつ聞いてたらなんか「川添も連れてった方がいいんじゃねー? っていうか連れて行く」とかいう話がいきなりふってわいたわけで、そんないきなり言われても寝耳に水です。

東京までの旅費&滞在費は基本的に研究室の予算から出るのでまぁお金の心配はしなくていい…と思ってたらなんか学部生は出張旅費が出ないそうで、つまりそれ行くってことは自腹になるわけで(2泊3日で6,7万円ぐらいじゃないかという話)。いやいや、そんなお金無いですって話なんですが、自分で数万出せば残りは適当にみんなカンパしてくれるよーとかいう話みたいですが(過去もそうだったっぽい?)、うーんうーん、それはどうなんだ…。

ってことで、たぶん来年の3月頭に東京に行くことになるかもしれません(っていうかせっかくなので行く)。まぁ自由時間がどのぐらいあるか知りませんが(っていうか全然なさそうだなぁオイ)、数時間ぐらい確保出来ればIRCでお世話になってる方面の人とかそのほかの誰かとかにも会いたいなぁとか思ってるわけですが(っていうかオンラインの知り合いは大体みんな関東在住だからオフするにしても何日必要なんだコレっていう)、さてどうなることやら。むしろ自由時間なかったら行かなくてもいいかなー的な(とりあえず私はメインじゃないので行かなくても別によかったりっぽい)。

でも逆に言うとこれ行くっていうとまた仕事が降ってきそうなんだよなー。kawazoel公式的には「いやー、まだ決めてないですー」とかで引っ張って関係ないフリをし続けた方が得策でしょうかねー。とここに書いちゃった時点でまぁそれは無駄なんですがー。

まぁざっと要項を読んでみましたが、主催と協賛の団体の名前を見ただけでうわーこれすごそうっていう感じだけはドシロウトにもそこそこわかりました。

プチメンテ

とりあえず今までHTMLは全部動的吐き出ししてた関係でLast-Modified吐いてなかったんですが、ちゃんとファイルの更新時間チェックしてLast-Modified吐くようにしてみました。

まぁ入れ替える際になんかGLIBC-2.0がないとか文句いわれて30分ほどひたすらScriptError(500レスポンス)でてましたが、コンパイルする環境の方で全部スタティックリンクにしたらちゃんとまた動くようになったようです。……実行ファイルが70kから1.1Mにふくれあがりましたけどー。

とりあえずHTTPヘッダ用にフォーマットした時間文字列を簡単に吐き出す方法のメモ:

char datebuf[64];
time_t _tm;
time(_tm); // get current time
struct tm *pTime=gmtime(&_tm); // convert to GMT time
// output like "Sat, 27 Nov 2004 18:37:23 GMT"
strftime(datebuf, 63, "%a, %d %b %Y %H:%M:%S GMT", pTime);

とりあえずコレで吐き出しておけばHTTP関係のみんなが分かってくれるみたいですよ。

comments powered by Disqus