last update: 2013/09/03

2004/09/16

マニュアル人間への道

明日から教育実習ということで、今日は事前打ち合わせの日。午後から母親の車を拝借してぱーっと高校(母校)へ出向いてオリエンテーションをこなしてきたわけだが、朝7時半に家を出発、家に帰ってくるのは夜ということになるといつものように母親の車を借りてるわけにもいかない。

…けど、自転車とかバスじゃ行きたくないので(さすがに背広着て自転車で40分とか走るわけには行かないし、バスだとスクール線なのでおもいっきり周りが現役生になるのであんまりなぁ…)、どうにかならないの! と父親に訴え出たところ、「うーむ、じーさんの車、あれほとんど使ってないから2週間借りればいいべ」ということに。

ということで今日さっそく借りてその車で走ってじーさんの家から帰ってきたんですが、この車がマニュアル車でして、オレがマニュアル車を運転した最後の記憶というと、えーと、2年ぐらい前に友人の軽(ミラターボ)でドライブに行った帰りに運転したぐらい。…その車、ものすごくクラッチが硬い(っぽい)という話で、なんか信号でとまるたびにガクガクいったりエンストしたりと非常にいやな記憶しか残ってないんですが(やっぱりペーパードライバーってよくないね!)、じーさんカーは普通にスプリンターだったので、ん、これは普通に発進できるかもー。

と、出発時はまぁよかったんですが、札幌ほどの車の量とまではいかないものの、帯広も車がないと生活できない街なので夕暮れ時は結構交通量が多いわけで、信号にひっかかるひっかかる。で、そのたびにドライバーがガクブルしながら発進してたんですが、ちょっと気を抜くとエンストしそうになるのでまー大変。

…もういきなりマニュアル車通勤がいやになりそうな展開ですが、やっぱり母親の車(軽)よりずっとパワーのある車なので、安定性は抜群だなーとは思った。

comments powered by Disqus