last update: 2013/09/03

2004/06/18

破格のVS.NET出現

昨日はちゃんと野菜を食べた。

さて、最近やたら期間限定で開発環境を安く提供してるマイクロソフトですが、ついにこんなところまで。

てなわけで、Visual Studio .NET 2003 Academic相当のパッケージが4830円だそうです。学生限定ということなので、教育機関関係限定のAcademicより縛りがきつくなってますが、要は教育機関の先生とかえらそうな教授とかはAcademicを買って、お金のない学生さんにはもっと安いこっちのtheSpoke Premiumを用意しましたよ、ということのようです。

まぁ、えらそうな教授からは従来どおりAcademicでお金を取って、開発には興味あるけどAcademicの3万円弱だって高くて買えないよ、という私みたいな学生向けに今回の新パッケージが出たということでしょうか。

というわけで、VS.NET 2002 Academic買った直後にVS.NET 2003が発表になって激しく凹んだ(Academic版はアップグレード版がない)私みたいな人でも、まぁ4830円ぐらいなら2003のために投資してもいいかなって感じですが、実のところVisual Studio.NETといってもC++しか書いてないので(C#とかVBなんて飾りです)、VC++.NETの最適化コンパイラさえ使えればどーでもよかったりします。ということで今は

4月あたりに話題になったVC++Toolkit2003をVS.NET2002に食わせて使ってます。IDEとしてのVS.NETは正直2002でも十分なので(別にVC6でもいいんですけど)、コンパイラとライブラリさえ新しければOKという私はこれで十分だったり。

具体的にどうやってVS.NET2002にToolkit2003を食わせるかというと、さすがにVS.NET2002のコンパイラをToolkit2003のコンパイラで上書きして…とかやるのはさすがにコワイので、ここはスマートにディレクトリの優先順をつかって行くのが普通でしょうね。

うちのVisual Studio .NET 2002 + VC++ Toolkit 2003構成
画像のリンク先は元サイズとなっています

てなわけで、VCのビルドディレクトリの実行パスで、2002のコンパイラより別の場所にインストールしたToolkit2003コンパイラが優先されるようにしてやれば、Toolkit2003コンパイラでコンパイルすることができます。この要領でやればいまだにVC6++とか使ってる人でももしかしたら(というか多分)Toolkit2003コンパイラを利用することができるんじゃないでしょうか。

ただ、上の画像を見て分かるとおり、Toolkit2003コンパイラは吐くメッセージが全部英語なので、素人にはお勧め出来ません。なれればどうってことないというか、英語の方が素直にエラーの内容が伝わってくるようなものも少なからずあります。

comments powered by Disqus