last update: 2013/09/03

2003/01/01

テクニカルお雑煮サイト

あけまして、おめでとうございまして、今年こそよろしくおねがいしまして、年が明けた気分がしない今日この頃です。

こう、生活の多様化により「日本の大晦日=紅白見てそば食って除夜の鐘聞いて寝る」というパターンで過ごす家庭が少なくなって久しい今日この頃であり、携帯電話(ひいては携帯のメール)の過度の普及によって「あけおめメール」だの「あけおめワン切り」だので騒々しい年明けの瞬間を迎える人も多いかと思ったりしてるわけですが、私のところにはさっぱり届かなかったんです、その類のものが。

例の充電の切れかかっている携帯電話は年を越した今もまだ稼働中でして、メール届いたのお知らせマシーンと成り下がりつつ今も鳴らない電話を待ち受け続けていたりします。で、ここを見てる人ぐらいになると年が変わる前後の時間帯には電話会社が発信制限をかけていることはご承知だと思います。で、それをかいくぐって友人が0時過ぎにメールを送ってきてくれたわけですが、私の携帯電話がそれをキャッチしたのは朝10時すぎ。メールサーバの方に4件もたまっていて、明らかにその時間帯に携帯電話の方へ受信通知が行かなかったことを示しているわけですが(受信させることで起こるトラフィックを避けるためですかね)、ここでふと思ったんです。

携帯電話のメールでさえこんなにこの時間帯に制限をかけてるんだから、年が変わった前後のインターネットのトラフィックとかはいったいどのぐらいの負荷がかかってるんだろう。

まぁ、結論からいうとなんの心配のいらないことなんですが。よーく考えてみれば、インターネットインターネットといったって世界の国の間には時差があるわけで、年明けの瞬間は24回来るわけで、24回に分散するわけで。しかも、貧弱な携帯のネットワーク(というより、基地局を多くの筐体で奪い合うことになるからつながりにくくなるんだろうけど)にくらべれば、大量のテキストメールのトラフィックが起こっても光ファイバの基幹線がパンクするようなことは起こらないでしょう。

とまぁ、いらぬ心配をしているうちに気がついたら年が明けていて、カウントダウンどころではなかったというのが今年の年明けの瞬間でした。

まああれです、ブロードバンドな回線からネットに触れ始めたネット初心者がでかい動画を年賀メールとしてCC発射してたりしてたら…なんて事を考えてるとそれはそれで面白そうなネタなんですが、受け取る側にはなりたくないなーとは思った。

今日の気持ちを殴り書き初め

CGIをおいてみたい

だ、ダメだ…。メニューのポジションをうまく配置できない…なんて悩みは置いておいて、月並みですがBBSをおこうかなぁ、とか思ってます。

いやいや、既にあるんじゃないの、という突っ込みも聞こえてきそうですが、あのBBSは突然昨年の7月30日にログが壊れて(その日は書き込まれた形跡がないのに、なぜか壊れたという今でも謎の事件)それ以来放置中なので「もうDIONなんて信じない」をコンセプトに(なんだそれ)t-baseにおいてみようということに。

が、perlのやつをおくのもなんなのでCのヤツをおこうと思って自分で作ろうと思ってはや数ヶ月。わすれてました。で、面倒なのでCで書かれていて、既成のBBSっぽいCGIでも探してこようと思ったんですが、……みつからないんですっ。

やっぱり、作るしかないんですかね…。CでCGIを作ることの何が面倒かって、結局のところ一番面倒なのはデバッグなんですよね。そんなことを考えるうちにどんどんどんどん面倒になって、結局設置しない、といういつものパターンの予感。

こう、アクセスされたことに対するフィードバックを得る手段にはアクセス解析という手段もあるわけですが、アクセス解析をした所でそれは能動的な反応ではないわけで、どちらかといえばネガティブな情報しか得られないわけじゃないですか。HTTPdのログでも手に入らない限り、全ページにアクセス解析(ここでいうアクセス解析はCGIとかSSIの類になりますな)をつけないと閲覧者のナビゲーションの流れは把握できないわけですし、全閲覧者のアクセス記録を眺めるよりも能動的に寄せられたひとりの意見の方が役に立つわけで…。

アクセス解析、BBS、メールフォーム…。もっと斬新なフィードバックを得るための方法ってないんですかね。ま、IMとかでもいいけどさ。

comments powered by Disqus