last update: 2013/09/03

2007/11/07

ちょ、nProtect更新

ROのnProtectが半年ぶりぐらいに更新されたみたいです。

一体なにを対策したのやらーとか思ってとりあえず起動してみたんだけど、なんだかすげー重いというか、起動しないというか…。

タスクマネージャみてみたらVMwareがものすごいCPU食っていて、それが原因のようです。確かにVMwareのLinuxサーバを落とせば、普通にROできる。なーるほど、今回のnProtectの更新はそれなのかなーとか思ったけど、そんなVMwareをフリーズさせるとかいう嫌がらせしなくていいからVMwareみつけたらRO終了とかでいいのに…。

ということで、なんかただのnProtectの動作不良の線もありそうだということで管理会社さんと文通をはじめてみました。まずはオレのターン、障害レポートをあげて「これって仕様なんですかぁ〜」と聞いてみているところです。まぁ、YESかNOか「お答えできません」の3種類の返答パターンしかないから、YESだった場合とNOだった場合と答えられない場合の追加質問も一緒になげておいたので、きっとそのうち実のある答えが返ってくるでしょう。

とりあえず復帰したとたんにこの仕打ちでいきなり実質的にログインできなくなった(Linuxサーバではギルドメンバー向けの経費計算機とかアップローダーとかを運用してるので、落とすわけにはいかない)ので、そこんところは納得のいく説明がもらえるまでとりあえずがんばっておくことにします。ツール対策自体は賛成なんですが、それに巻き込まれる形で自分が被害を被るのはゴメンなのです。

そんなわけで今はサーバの運用を優先してるので、ROにはログインできません。なので、誰かいらないマシンとかあったらください。マシンくれたらそいつにLinuxサーバ機能を移し替えるんで…。そこで動かないマシンもらってもどうしようもなさそうだけど、動かないマシンが2台あればニコイチで1台の動くマシンにするっていうことも可能なんで、動かないマシンでもまぁいいかも。。

まぁ、こんなこといってもだれもマシンくれないだろうと思うので、週末に中古のジャンクショップにでも行ってサーバになりそうなスペックのマシンでも見てきます…(見るだけだけど)。

comments powered by Disqus