last update: 2013/09/03

2006/10/11

論文シャドウゲイト

締め切りまで実質あと10日ぐらいなんで必死で論文かいてる今日この頃なんですよー。

ってことで、昨日あたりはもう夜中の12時過ぎまで研究室で一人黙々と書いてたんですが、ちょっとまって、昨日ってプロ野球セリーグ中日優勝決定の日じゃん。研究室のテレビで見ようと思ったんだけど、BSみれないから残念ながら見れませんでしたーって、そんなことでオレがあきらめるはずがない。

夏の甲子園決勝再試合だって研究室のテレビ…で見れるのにもかかわらずPeercastでみてたので、きっとこの試合だってPeercastでみれるはずだ…! とおもって中日ファンのたいぷちゃんにきいてみたらここにあるよってことで公式じゃないYellowPageを教えてくれて、それで見てました。

そうなんだよー、Peercastをそもそも使い始めたのはその夏の甲子園の時だったんですが、なにげなくYellowPage眺めてると気になるチャンネルがあるんだよねぇ。

ということで、今日午後8時すぎに切り上げて家に帰ってきてなにげなくYellowPageを眺めてると…「FCシャドウゲイト 事前情報無しプレイ」っていうチャンネルが…。ためしに見てみたら、ホントにあのシャドウゲイトやってますよ!!

って、なんか無駄に興奮が伝わったかと思いますがきっとほとんどの人には全然つたわってないとおもうのでさっと説明しておくと、シャドウゲイトは1989年発売、ケムコのアドベンチャーゲームで、マウスカーソル風の矢印を激しく操作して謎の城に潜むラスボスをぶったおすゲームです。ああ、簡単に説明できました。

それだけ聞くと普通のゲームですが、自由度が高すぎる上に主人公が死にまくるので、アドベンチャー版スペランカーの呼び声高いゲームです。まぁあんまり長い説明をしても仕方ないので体験レポートと題した攻略ページがあるのでそっちを見てもらうと雰囲気わかるかもね。

あと、なんかこのゲームの理不尽さを体験できるFlashもあるみたいなんでやったことないひとはこれで雰囲気だけでもつかめるかもしれません。このFlashだとつるぎとかを使った瞬間に自分に刺しちゃいますが、ホントのゲームでもつるぎをセルフ(自分)に使うと全く同じ展開になるんで、その辺はバッチリ再現されてます。

で、このシャドウゲイトがどういうわけか仲間内で有名になってて、友人の家でたまたま話題に挙がってたんですが、最近ついに車で1時間の隣街の中古ゲーム屋でシャドウゲイトのカートリッジを発見してしまって友人の誕生日プレゼントとしてホントに買ってきてしまったとかいうタイムリーなゲームだったりします。

ということで、夜8時過ぎに見始めたときに既にゲームの1/3ぐらいは進んでたんですが、そのまま延々とプレイしてる様子をずーっと眺めてて結局ラスボスを倒したのが午前1時すぎ。死亡回数89回? とかでした。

とにかくことあるごとにおいそりゃねーじゃねーかという死因でガンガン死んでいくのでホントに大笑いしながら見てました。いやいやホントすごいゲームだった…。

で、せっかく早めに帰ってきたのにその時間を完全に無駄にすごしてしまったわけだが。オレの5時間を返せ。でもオレ、ホントに時間を無駄にしたのか? と聞かれると…そんなに無駄じゃなかったのかもしれない気もする…。シャドウゲイトはそんなゲームです。

comments powered by Disqus