last update: 2013/09/03

2006/03/19

オフの記憶をたどって

ちょっと久々にいろいろなテキストエディタを探してたんです。いろいろなサイトを巡り(消えたサイトも多かったですが)、ふと立ち寄ったこのサイト。…テキストエディタを探してたなんて、どうみてもれもんページネタではないのですが、そこには意表をつく内容がありました。

テキストエディタを探しにいったはずなのに、そのサイトのトップにはなぜか「着ぐるみ冒険家」とかいうタイトルで、職場の同僚が突然会社をやめて着ぐるみで函館から日本1周してます、というような告知がありました。へぇー、面白い人もいるもんだなー、っていうか函館から出発ってことはまさか北海道人ですか? …んっ、そういえば——

昨年末、東京で60人勢力の忘年オフがあるらしいということで、相方とともに北海道を脱出して20時間ぐらいかけて東京に行って25時間ぐらいかけて北海道に帰ってきた、なんてことがありました。まぁその辺はメインのほうで記事になっているのでそれを見てもらうとして。

東京からの帰途で深夜バスが6時間遅れ、さらにそこから北海道へ渡るための列車のつながりが悪く、函館に着いたのはなんと午後7時半。当初の予定では昼の12時にはついているはずだったんですが…。

深夜バス15時間軟禁で疲れ果て、二人でとぼとぼと函館駅のホームを歩き改札を出ようとしていたところ、目の前にパンダがいました。えーと…。

よくわからないけどとりあえず重装備で、どうやらパンダの着ぐるみを着て函館スタートで日本一周してるひとらしいみたいな看板をもってて「へぇー、っていうか函館スタートって書いてていま函館駅のホームから改札へ向かってるって事は、もしかしてゴール?」とか思ったんですが、改札の向こう側にもそういう人が待ってるわけでもなく。日本一周徒歩の旅といってもゴールはこんなもんなのかなーと思いつつ、改札を抜け、夜の闇に消えていくパンダをみてたものです。当時かなり疲れてたので、徒歩の旅なのになんでJRで帰ってくるんだとか、そういうことまでは二人とも頭がまわらなかった。

その後、函館で北海道忘年プチオフということで、パンダのことなんてすっかり忘れて少ない時間ながらオフを楽しみ、翌日早朝に無事帰宅しました。

——なんてことがありました。

パンダの着ぐるみを着て日本一周徒歩の旅をする人がそんなにたくさんいるわけもないので、どうみてもあの時目撃したパンダの人はこの人です。んでも、今も日本一周徒歩の旅を続けてるように読めるんですが、一体なぜあの時函館にパンダの人がいたんだろう、と思ってパンダの人のBlogからあの日、2005/12/19の記事を読んでみると、吹雪がすごすぎてもう大変なので、数日休養ということで函館に戻ってきた、ということだったみたいです、たぶん(オレの記憶もうろおぼえですが)

うーん、たしかに高速道路が通行止めになって深夜バスが昼過ぎまで下の道を走るハメになってたくらいだしなー。たしかにあのときの天候はやばかった。

とまぁそんなわけで、思わぬところからふとした旅行の記憶がよみがえってくるなんて、面白いもんですねー、なんて話でした。奇しくも昨日18日は宝石オフがあったらしいけど、まぁオレ宝石じゃないから関係ないしな。

comments powered by Disqus