last update: 2013/09/03

2003/09/28

SealOnlineのはなし

SealOnlineってなによ、ってひとは適当にGoogleで検索してみてください。

さて、全国にたぶん数十人しかいない文字化けファンの皆さん、お待たせしました。TW日本語版来ないなぁと思ってたらTW界隈の人はSealOnLineに手を出している人もいるようですが、私が昔書いたネタであるTWでGulimCheするためのレジストリのせいでWin2k/XPなのに文字化けしちゃってるみたいで、こりゃどうもすいません、としか。

で、かわせみさんがTWもやりたいしSOもやりたい人のための暫定的な解決法としてバイナリ書き換えを提案しているわけですが(TW韓国版はどうでもよくてSOだけやりたいという人はそのまんまFontSubstitutesをMSゴシックとかにすればとりあえずはいいんです)、パッチが出るたびにバイナリ書き換えて追従しているのは、正直面倒だと。

てなわけで、(責任とらなきゃということで)ここではWindows2k/XPでTWの文字の大きさを改善しつつSOの文字化けにも対応する方法をご紹介。基本的に、これがこの文字化けに対する正規の(Windows的作法に則った)対処法です。

  1. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontSubstitutesにアシクイテシで文字列値を作り、GulimCheを設定(これは3/07に書いたTWの文字の視認性向上の時と同じです)
  2. で、次が今回のミソ。HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\FontLink\SystemLinkにGulimCheという名前で複数行文字列値を作り、"micross.ttf\nMSGOTHIC.TTC,MS UI Gothic\nSimSun.TTC,SimSun\nmingliu.ttc,PMingLiU"あたりを設定する(実際にはクォーテーション不要で、\nは改行に読み替えちゃってください)。

この手順でTWでの表示を正常にしつつSOでの日本語表示が可能になります。

まぁ、単にレジストリいじってるだけなんでどこがどうWindowsの作法を守っているかよく分からないかもしれませんが、

  • SOが要求しているフォントはMSゴシックとかではなくて、紛れもなくGulimCheである
  • GulimCheのハングル名が日本語環境で文字化けするため、FontSubstitutesで文字化けしたハングルからGulimCheに読み替えてやる(いや、Gothicとかでもいいんだけどさ、邪道な気がしてね)
  • GulimCheのフォントには日本語フォントが含まれていないため、WindowsNT系のFontLinkの機能を使い、GulimCheが持っていない範囲のフォントの代替フォントを指定する

という処理手順を踏ませるのが、上記の指定です。

……ってなわけで、みなさんよいSealOnlieライフをお送り下さい。そうえいば、Win2Kのregeditじゃ複数行文字列値が作れなかったような噂を聞いた覚えがあるような気がするので上記2点のレジストリをエクスポートしたやつを置いておきます。→sofont.reg ちなみに、Win9x/MeだとFontLinkの機能がないので、win.iniのFontSubstitutesに表示させたいフォントを書き込むしか方法はないかと思います。

さて、ゲーム自体の方はというと……。ごめん、やってない(ていうかみんなどこのサーバーにいるのー)。

……えーと、sofont.regのほうはどーせこんなサイトを見てる人の人数なんてなんてたかが知れている、ということで無断転載/配布可ということにします。某スレッドの方にも書いちゃおうかと思ったんだけど、SOもTWもやってる人の数なんてたかが知れてるだろうと思ってとりあえず放置しておきます(まぁ、これ読んで張る価値があると思ったら張ってもらってもかまいませんです。リンクはどこからも制限してないんで)。ただ、このレジストリを適用させたらとりあえず再起動すること、このレジストリはWindows2K/XP用であること(NT4.0とかは知らない…っていうか、DirectX的にゲームやるの無理だね)を忘れないでくださいね。

comments powered by Disqus