last update: 2013/09/03

2003/08/29

アユ料理がアコ料理に見えたり、メンチカツがメンテカツに見えたりと、オレって疲れてるなぁーということをひしひしと痛感する今日この頃です。…すべては休憩無しで2時間半ぐらい話し続ける集中講義の教官のせいなのです。どちらかというと学生みんなで集中抗議したいくらいです。

ROのはなし

問2. アサシンがPvPまたはGvGで近接職を相手にする際に圧倒的有利になる条件をのべよ。

答えは下の方で。

emotional beats

シーフのギルドに新しくメンバーが増えました。いや、前回更新時に既に増えてたんだけど、書き忘れてました。typesterさんのモンク待ちアコです。既に公平圏内にいるのでギルメン総出でどっか行くと面白そう。というか、これでブレス10持ちSTR-INT型と速増10持ちSTR-AGI型のアコ(どちらもモンク待ち)のアコ2人体制になったので、構成としてはなかなかバランスがとれてきたかもね。

  • 回避役シーフ(戦力はお察し下さい)
  • ブレス+回復役+戦力アコ
  • 速増+戦力アコ
  • 範囲攻撃持ち商人

……けっこういいかも?

で、引き続きシーフは50%上納で頑張っているわけですが、昨日あたりにレベル62にして上納1M越えまして、この調子で行くとレベル64の30%ごろに上納経験値が2Mになりギルドレベルが上がるわけですが、その上、ちょうど同じぐらいのタイミングでJobレベルが50に到達するらしいです。

経験値でいうならルティエD2Fが圧倒的にいい感じなんですが、ドロップ的にはあんまり(まぁ、それでも昔より真珠は出ますからプラスですが)。ということで、最近お金がないのでピラ2かピラ3を検討中。

とはいえ、ピラ3に行くとミミックがMAP2匹(10分沸き)で存在するので、これをどうにかしないことには安心して狩れません。いや、ハエで飛べばいいんですが、基本的に(STR9にはおもいから)狩りにハエを持っていかない人間なので、倒さなければどうしようもありません。が、攻撃はまずあたりません(一応、95%回避もできるので毒を入れて相当時間かければ行けそうですが)。

そこで石投げですよ。

石投げが必中で30というのは前回書いたとおりですが、低い確率でスタンにするんですね。で、スタンさせている間はこっちの攻撃が必中ですから、石投げ→スタン→攻撃を入れる→石投げ→スタン…を繰り返していけばそれなりに倒せそうです、話の上では。幸い、ミミックはVIT1なのでスタンのさせやすさは全敵中トップクラス。とはいえ、そもそも石投げでスタンさせられる基本確率はいくらなんでしょうか。ということで、同じVIT1のペコペコの卵に石を投げまくって検証中。

データ量が少ないのでまだまだ結論は出せませんが、5%から10%ぐらいという感じでしょうか(現在19/204成功)。

ただ、どちらにしても殲滅力がないですから同伴者が居ないとピラ3はムリそうです。

ASPDとBPM

で、typesterさんのアコをギルドに加えたところで、職位を考えてもらおうと思ったんですが。「職位は何がいいです?」「おまかせします」……そんな、会って5分じゃ決められねーっ。

ということで、ASPDを聞いたら159だということで、emotional beatsに引っかけて「159 BPM」にしよう、ということにしたわけですが(BPMは言わずと知れたbeat per minuteです)、単にASPDの数字を持って来たけど、本当はASPDはそのままBPMにならないよなぁと。

秒間攻撃(beat)回数は50/(200-ASPD)で求められるわけで、ASPD159では約1.21回/秒。ってことは、本来の意味でのBPMは3000/(200-ASPD)で求められるわけで、ASPD159で攻撃すると、それを曲の速さにすれば73BPMぐらいですか。曲としてはかなーり遅い。ちなみに、うちのシーフが覚醒POT飲んでブレス+速度増加をもらうと、ASPD176.75になるんですが、これをBPMにすると129BPMぐらいとなり、ちょうど曲として心地よい速さでbeatを刻んでいるかな、という感じになります。いや、ただそれだけでオチはないんですよ。

……とはいえ、こんなもの理論上の話ですから、サーバーが重ければもうちょっと遅くなりますし、重力時間発動に伴いフェルマータがかかることもあります。これは仕様によるものです。

属性とGvG

てことで冒頭の答え。

アルギオペCを鎧に差して鎧を毒属性1にしておき、PvPなりGvGで物理攻撃職からの攻撃を受けたときにあいてにエンチャントポイズン(武器に毒属性付加)をやれば、敵の攻撃属性が毒、自分の属性が毒1ということで毒×毒1は0%に。

0%ということは、クリティカルもなんも関係ない、魅惑のAll Missになるわけです(たぶん)。つまり、相手にかけたエンチャントポイズンが持続するかぎり、相手の攻撃はすべてMISSになり、こちらが一方的に攻撃し続けられるという絶対的有利を得ることができます。

これと同じような例に聖体降福(か、エンジェリングカード)で鎧を聖属性にしておいてアスペルシオを敵にかけるという手法もありますが、こっちは聖体降福の発動要件を考えるとちょっと辛いものがあるので、アルギオペC+エンチャントポイズンの方がお手軽に実現できそうです。アサシン限定ですが。というか、アサシンというキャラクター的な視点から見れば、エンチャントポイズンを敵にかけて自分はポイズンリアクトしてみるとか、そういうGvG/PvPにおけるトリッキーなスキルの使い方という点では一番アサシンが面白そうではあります。暗殺者だし。

AllMissにできるとはいえ、たしか攻撃属性の設定されているスキルは武器の属性を上書きするはずなので、マグナムブレイクとかをされてしまうと被弾する可能性がありますが、一般的なアサシンのFleeがあればクアドロプルエンシェント級の武器でもないかぎり近接職からガシガシ被弾することは、なさそう。一応、これをされてしまった側の対応策も書いておきますと、武器に属性を付与するスキルは武器を取り替えれば属性が消えますから、アルギオペC持ちにエンチャントポイズンされてダメージが通らなくなっても、いったん武器をはずして装備し直せば問題ないです。ただ、GvGのような混戦時にはずしてつけ直すヒマがあるのがどうかというと、話は別ですが。ちなみに、私はアサシン持ちではないので実践での確認は全くしてません。誰かやってみて。

てなわけで、GvGと属性は、考えれば考えるほどに奥が深そうだなぁという話。セージには武器に属性を付与スキルなんていうのもありますから、まだまだこの分野は広がりそうな気配です。

追記: 現仕様ではエンチャントポイズンはPTメンバーにしかからないそうで、この話は実現しないそうな(かなりむかしに辻エンチャントポイズンされたことがあったんだけどなぁ…)。アスペルシオはPTに関係なくかかるのに、エンチャントポイズンはPTのみとは、やっぱり悲しい日は去ってないんじゃない? アサシン。

というか、こういう話を書くときはちゃんと韓国公式のスキルガイドでスキル仕様を確認するようにしているんですが、PTにしかかからないなんてひとことも書いてなかったぞコノヤロウ。

comments powered by Disqus