last update: 2013/09/03

2005/11/20

シーズモードのあれこれ検証

闇付与してエンペ殴るのはいいんだけど、計算の値どおりの与ダメがでてないんじゃないこれ。ってことを確認したのがアインブロック後最初の攻城戦でした。で、そんなような気がするってだけで深く調べたわけじゃないので(っていうか普通に攻城戦で椅子やってただけなので)、これは次週調べなくてはってことだったんだけど普通にオレ転生しちゃったんですよ。

で、先週は剣士だったのでロクにデータをとるようなこともできず(両手剣修練先にとればよかったよ)、結局今週に持ち越しって事になってたんですね。って事で今週やっといろんな武器をもっていって調べてみたんですが、結論から言うと

  • 対エンペリウムに対してダムド剣は有効
  • 対エンペリウムに対して闇付与は有効(125%)
  • 対エンペリウムに対してコンセントレーションも有効(あたりまえやね)
  • 対人に対して闇付与はイミューンを貫通
  • エンペリウムは相変わらず小型/聖属性

なんだ、普通にエンペの属性変更があったとかそういう話じゃなかったんだ。で、じゃあなーんで闇付与かけてるのに計算通りの与ダメがでてないような雰囲気(どんなだよ)だったのか? それはなぜかというと—

  • 対エンペリウム、対人共にシーズモードではクリティカルを含む通常攻撃が20%ダメージカット

こんな理由でした。こんな仕様いつから追加になったんでしょうかねぇ。あんま攻城戦をやってないのでわかりませんが、たぶんアインブロック後じゃないかなぁという気がしています。20%カット仕様の追加がアインブロック後だとすれば、アインブロック後はロキ上の雷鳥を叩き落とすのが厳しくなってるってことになりますが、そのへん何か実感とかはありそうなんでしょうか?

ってことで、一応こちらの手元ではこんなような事実を確認しています。スキルに関してはちゃんと調べたわけじゃないですが、たぶん40%カット(バッシュで確認)のままのようなので、たぶんどっかで新たに「通常攻撃20%カット」のルールが追加になったってところでしょうか。

まぁそんな感じですが、どこまで本当か信じるのは読んでる人次第なので、なにか疑問でもあれば検証してみるのが手っ取り早いとおもいます。はい。

comments powered by Disqus